9/5【与野・与野本町・大宮・浦和周辺の方】シンスプリントについて

皆さんこんにちは!Re’starts整体院 院長の品川です(^^)

業界初、パーソナルジム×整体院 与野駅徒歩7分与野本町徒歩10分 2駅利用可 駐輪場あり
リスターツです!

本日は「シンスプリント」についてご紹介したいと思います!

シンスプリントとは、脛骨(スネのあたりにある骨)の周りにある骨膜が炎症を起こすスポーツ障害です。

脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、運動時や運動後にすね内側の中央から下方1/3にかけて、ズキズキとした痛みが生じます。

使いすぎ(オーバーユース)のひとつで、走る、飛ぶなどの激しい運動を繰り返し行っていると発症しやすいといわれています。

中・長距離ランナーやサッカー、バスケットボール選手に多く見られ、とくにシーズンの初めや新人選手が急激にハードなトレーニングを始めた際に発生しやすくなります。

走る距離や負荷を減らすと快方に向かう場合もありますが、練習を再開すると再発を繰り返すケースが多いといわれています。

ひどくなると安静時にも痛みが出るようになるので、原因となる要因を取り除くことが大切です!

シンスプリントになってしまう原因は

・オーバートレーニング
・負担のかかりやすいランニングフォーム
・衝撃を受けやすい足の形(扁平足、回内足)
・下肢の筋力不足
・筋肉の柔軟性低下

にあります。

シンスプリントのほかにもスポーツに伴ってすねの内側が痛くなるケガのひとつに、疲労骨折があります。

痛む箇所もよく似ていていますが、治療方法が異なるので正確な判断が求められます。

シンスプリントの場合、痛みを感じる部分が10センチ程度と長く、約40%は両足のすねに症状が出るのが特徴です。

一方、疲労骨折の場合は、片方のみに発症するケースがほとんどで、5センチ以下のピンポイントで痛みが発生します。

スネが痛くなった時の対処法は、まずは運動量を減らすことが大切です。応急手当として、痛みの出ている部分にアイシングを施しましょう。

慢性化してくると歩くだけ、もっとひどくなると寝ていても痛くなるケースもあるので痛くなった場合はお気軽にお問い合わせください!

ダイエット・リバウンド・運動不足・腰痛・肩こり・姿勢矯正・骨盤矯正

その他身体のお悩み全て解決します。

自分史上最高の身体にリスタート!!

ご来店心よりお待ちしております。

#整体 #マッサージ #肩こり #腰痛 #骨盤矯正 #restarts #リスターツ
#パーソナルトレーニング #ジム #筋トレ #マンツーマン #食事指導 #ダイエット
#与野駅 #与野本町駅 #さいたま

0
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です